30代敏感肌おすすめの化粧品とは?

お肌の水分量や油分量は20代後半をピークに減少し続けます。そのため、30代になると20代と比べ化粧ノリや乾燥など肌の調子が変わってきたと感じ始める方も多いのでは?
また、仕事や育児など睡眠不足に陥りやすく、さまざまな生活習慣の乱れから敏感肌へと肌質が変わることもあります。
さらに、今までなかった小じわやくすみが除々に現れ始めることも。エイジングケアも考え始めなければいけない30代の敏感肌にはどのようなスキンケアがおすすめなのでしょうか?

30代敏感肌の特徴

お肌の保湿成分が低下し、水分量が低下し、乾燥しやすくなる
乾燥により角層が乱れ、外部の刺激が入りやすくお肌が敏感な状態に。

環境の変化や睡眠不足などのストレスからターンオーバーが乱れやすい
ターンオーバーが乱れると、バリア機能低下。すると、外部からの刺激をブロックできず、刺激を受けやすい状態に。

女性ホルモンが低下し、肌がゆらぎやすい
ちょっとした刺激に過敏になり、赤みができやすい状態に。

30代敏感肌化粧品を選ぶポイントはこれ!

保湿成分がしっかり配合されている
30代になると除々に減少し始めるのが、肌にもともと存在している保湿成分である「セラミド」や「ヒアルロン酸」。これら成分をしっかりと補ってくれる化粧品を選びましょう。

肌の刺激となる成分が入っていない
敏感肌さんならまずチェックする部分でしょう。「アルコール」や「合成香料」などは種類や配合量によっては刺激を感じることがあります。事前にパッチテストを行い、刺激がないか使用前に確認をすると良いでしょう。

エイジングケア成分が配合されている
肌のハリや弾力を保つコラーゲン、エラスチンは20代ピークを減少していきます。そのため、30代からのエイジングケアが非常に重要となります。除々にエイジングを意識した化粧品を選びましょう。

30代敏感肌が注目すべき成分はこれ!

セラミド

セラミド

表皮細胞をつなぎ合わせて水分を閉じ込める保湿成分です。細胞間脂質の約4割がセラミドで、外部刺激から肌を守るバリア機能も果たしている重要な成分。肌に潤いを与えるなら、まずはセラミドを増やすことが重要です。

浸透力で選ぶ~最強の保湿成分セラミド! >> 保湿力&浸透力を実験で比較! >>

CVアルギネート

CVアルギネート

CVアルギネートは繊維芽細胞に直接作用して、新しいコラーゲンの生成を促す画期的な成分!肌のハリと弾力を取り戻し、シワやたるみのない若々しい美肌が目指せます。コラーゲンを増やす唯一のケア方法とも言われています。

CVアルギネートで肌の弾力を取り戻す! >>

コウキエキス

コウキエキス

炎症を抑えて肌トラブルを解消するほか、メラニン生成を抑える美白効果もある優秀な成分です。肌の炎症を防ぐ役目もあるため、バリア機能が弱まらないようにサポートしてくれます。

コウキエキスの力で外的刺激に強い肌作りをサポート! >>

30代 敏感肌イチオシの化粧品はこれ!

25歳を境に肌の皮脂分泌量は徐々に低下し、肌本来がもっている保湿成分も減少してくるといわれています。乾燥が悪化することでお肌は敏感な状態に。ちょっとした刺激に赤みを感じたり、肌あれを生じてしまうことがあります。まずは減少した水分を補うケアを行う必要があります。保湿成分を取り入れることを意識して化粧品を選びをしましょう。

ディセンシア 「アヤナス」

ディセンシア 「アヤナス」のイメージ 敏感肌専門ブランドなため、肌の刺激となる「アルコール」や「合成香料」は一切配合していません。独自特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、乱れた角層をつつみながら、外部刺激を徹底的にブロック!敏感肌さんでも安心して使用することができます。 セラミドの中でも保湿力が高いといわれている「ヒト型セラミド」をナノ化して配合し保湿力もばっちり!また、ポーラ研究所オリジナル成分「CVアルギネート」がコラーゲン産生を170%アップし、ハリ・弾力アップに作用するので、早目のエイジングケアもできます。
さらに、ストレスによる肌荒れに着目したオリジナル複合成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合。仕事や睡眠不足などの日常のストレスによってダメージをうけた肌を内側からしっかりケアしてくれるんです!
トライアルセット情報はこちら アヤナス化粧水を詳しく見る

お肌の水分量や油分量が減少し始め、急激に乾燥を感じ始める30代。さらに今までなかった小じわやほうれい線などのエイジングサインが現れ始めることも。そんな30代敏感肌さんにおすすめの敏感肌化粧品をご紹介します。

PAGE TOP

サイトマップ

運営者情報

敏感肌さん必見情報

Copyright ©医師監修の敏感肌化粧水ガイド, All Rights Reserved.