20代敏感肌おすすめの化粧品とは?

「25歳はお肌の曲がり角」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?20代後半になるとお肌の保湿成分が減少し、突然乾燥を感じる方も少なくありません。また、20代は学生から社会人になったり、育児があったりと、生活リズムの変化が特に激しい年代です。その影響によりホルモンバランスや肌のターンオーバーが乱れ、お肌がゆらぎやすくなります。20代前半から保湿成分の減少に備えて、適切なスキンケアを心がけることが大切!敏感肌改善のキーは「徹底保湿ケア」になります。

20代敏感肌の特徴

ホルモンバランスが安定せず、肌がゆらぎやすい
生活リズムの変化などからホルモンバランスが乱れ、ちょっとした刺激にも過敏になり、赤みができやすい状態に。

環境の変化や睡眠不足などのストレスなどからターンオーバーが乱れやすい
ターンオーバーが乱れると、バリア機能が低下します。すると、外部からの刺激をブロックすることができず、刺激を受けやすい状態に。

間違ったお手入れによる肌のバリア機能の低下
肌に合わない化粧品を使い続けたり、間違ったスキンケアをすることでお肌を守るバリア機能が低下し、刺激を受けやすい状態に。

20代敏感肌化粧品を選ぶポイントはこれ!

保湿成分がしっかり配合されている
20代後半から減少してくる保湿成分。乾燥から敏感肌に傾いたり、敏感肌が悪化してしまうこともあるため、しっかりとお肌内部に水分を与えることが重要になります。

肌の刺激となる成分が入っていない
敏感肌さんならまずチェックする部分でしょう。「アルコール」や「合成香料」などは種類や配合量によっては刺激を感じることがあります。事前にパッチテストを行い、刺激がないか使用前に確認をすると良いでしょう。

外部の刺激からお肌を守る成分が配合されている
お肌がゆらいでいる状態のときやターンオーバーが乱れた状態のときの肌表面は角層が乱れがち。そのため、外部の刺激をしっかりブロックしてくれる成分が配合されている化粧品を選ぶと良いでしょう。

20代敏感肌が注目すべき成分はこれ!

セラミド

セラミド

表皮細胞をつなぎ合わせて水分を閉じ込める保湿成分です。細胞間脂質の約4割がセラミドで、外部刺激から肌を守るバリア機能も果たしている重要な成分。肌に潤いを与えるなら、まずはセラミドを増やすことが重要です。

浸透力で選ぶ~最強の保湿成分セラミド! >> 保湿力&浸透力を実験で比較! >>

ヒアルロン酸Na

ヒアルロン酸Na

ムコ多糖類の一種であるヒアルロン酸は、たった1グラムで約6リットルの水分を蓄えることができる保湿成分!化粧水にはヒアルロン酸Naの形で含まれていて、表面を覆うヴェールとしてセラミドの働きをサポートします。

ヒアルロン酸Naの保湿効果を知る! >>

ベントナイト

ベントナイト

クレイパックなどにも多用されているベントナイト!これ自体は特別な美肌効果を持たず、皮脂や汚れの除去効果があるだけですが、セラミドと配合することで肌表面を覆う保湿ヴェールとして作用する、優れた成分です。

ベントナイト~肌を守る鉄壁のヴェール >>

20代 敏感肌イチオシの化粧品はこれ!

20代後半になると肌の皮脂分泌量はだんだんと減少し、肌がもともともっている保湿成分も減少してきます。これらの保湿成分はお肌を守るバリア機能の働きがあるため、しっかりと補う必要があります。また、敏感肌さんは肌表面にある角層が乱れているため、外部からの刺激を受けやすい肌状態になっています。外部の刺激からお肌を守ってくれるバリア力の高い化粧品を選びましょう。

ディセンシア 「つつむ」

ディセンシア 「つつむ」のイメージ 敏感肌専門ブランド「ディセンシア」の高保湿ライン「つつむ」。肌の刺激となる「アルコール」や「合成香料」は一切配合していません。保湿成分「セラミド」の中でも保湿力の高い「ヒト型セラミド」をナノ化して配合することにより、乱れた角層のすみずみまで浸透して徹底保湿。さらに、独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、乱れた角層をつつみながら、外部刺激を徹底的にブロック!敏感肌さんでも安心して使用することができます。
トライアルセット情報はこちら

お肌の曲がり角といわれている20代は、保湿成分が減少し始めるのに加え、ホルモンバランスや肌のターンオーバーが乱れ、お肌がゆらぎやすくなる年代です。適切なスキンケアを心がけることが大切!20代敏感肌におすすめの化粧品をご紹介します。

PAGE TOP

サイトマップ

運営者情報

敏感肌さん必見情報

Copyright ©医師監修の敏感肌化粧水ガイド, All Rights Reserved.