• TOP
  • » 肌荒れの原因とは?改善するには?

敏感肌さん必見情報

肌荒れの原因とは?改善するには?

2016. 12. 13

季節の変わり目になると肌が荒れてしまう・・寝不足が続いていると肌荒れしてしまいなかなか治らない・・そんな肌荒れに悩む方も多いのではないでしょうか?肌荒れの原因とはどんなものがあるのでしょうか。また肌荒れを改善するためにどんなことに心がければ良いのかなどをご紹介します。

肌荒れの原因とはどんなものがあるの?

肌荒れの原因として考えられるものとしては大きく分けて内的要因と外的要因があります。
内的要因としては、食生活の乱れやストレス、ホルモンバランスのバランスの乱れなどがあります。
油っこい食事が続いていたり、栄養が偏った食生活を続けているとお肌にも栄養がいきわたらない状態となります。その結果、肌荒れを引き起こすことがあります。「肌は内臓の鏡」と言われています。口周りの肌荒れは内臓の荒れが原因であることが多いとも言われています。スキンケアだけでなく、食生活もしっかり見直しを行う必要があります。0018
それ以外にも外部からの刺激などの外的要因によっても引き起こされることもあります。普段スキンケアを行う際に、知らないうちにお肌に刺激を与えていませんか?何気ない行動によって肌荒れを引き起こすことも多くあります。
洗顔をする際に必要以上に力を加えたり、高温のシャワーを浴びたりすることで知らないうちにお肌への刺激を与えていませんか?ボディーソープやシャンプー・コンディショナー、洗顔フォームの洗い流しが不十分のために肌荒れを引き起こすこともあるので注意が必要です。
また、何気なく顔を手でさわってしまうという癖のある方はいませんか?手に付着した菌を顔の肌につけることで、炎症を引き起こすきっかけとなることもあります。

肌荒れを改善するには

①生活習慣の見直し
まずは規則正しい生活習慣を心がけましょう。具体的にはバランスのよい食事と良質な睡眠です。
特にビタミンA、ビタミンB群(特にビタミンB2)、ビタミンCを積極的に摂取しましょう。口周りや頬の吹き出物が気になる方はビタミンB郡やビタミンCを意識して摂取すると良いでしょう。
また、乾燥による肌荒れが気になる方はビタミンAを摂取することをオススメします。以下に代表的な食べ物も記載しているので、参考にしてみてください。
ビタミンA:鶏のレバー、豚のレバー、しそ、にんじん 等
ビタミンB2:レバー、ハツ、わかめ、しじみ、納豆 等
ビタミンC:柑橘類、キウイ、いちご、豚肉 等0019
②外部刺激の軽減
肌に余計な刺激を与えないよう普段の生活の見直しを行っていましょう。
肌荒れの原因が意外にも身近なところに潜んでいることもあるため、洗顔時やスキンケアをする際の力加減など普段の行動パターンを見直すことも重要です。

肌荒れしているときのオススメの化粧品はこれ!

ay04肌荒れしているときには、できるだけ刺激の少ない、なおかつ抗炎症作用がある化粧品を使用することをおすすめします。オススメはディセンシアの「アヤナス」
肌のゆらぎの原因となる炎症を抑えてくれる「コウキエキス」を配合。肌荒れ時特有の炎症に徹底的にアプローチしてくれるので、肌荒れ時や敏感肌に傾いているときでも安心して使用することができそうです。
さらに、保湿成分として知られている「セラミド」の中でも保湿力・浸透力が非常に高い「ヒト型ナノセラミド」をナノ化して配合しています。肌荒れによって乱れた角層をすみずみまで保湿してくれます。肌荒れ時には特におすすめです!
ディセンシア「アヤナス」を試してみたい方はこちらから>>

PAGE TOP

サイトマップ

運営者情報

敏感肌さん必見情報

Copyright ©医師監修の敏感肌化粧水ガイド, All Rights Reserved.