• TOP
  • » 春になると肌荒れが・・その原因とスキンケアについて

敏感肌さん必見情報

春になると肌荒れが・・その原因とスキンケアについて

2017. 3. 10

春になると、肌荒れの悩みを多く聞きます。だんだん暖かくなってくると、それにともなって、肌の新陳代謝が良くなり、ホルモンの分泌が盛んになります。そのため、ちょっとした体調の変化にお肌が敏感になりやすくなっています。吹き出物ができたり、逆に乾燥しすぎてしまったりすることも。春の肌環境と適切なスキンケアについてご紹介します。

春の肌環境について

0012
 
春になると花粉などのアレルギー物質や強くなってくる紫外線が原因で、肌が敏感になってしまうケースもあります。この時期のお肌は冬の間の乾燥などのダメージをうけた状態なため、水分保持能力やバリア機能が落ち、お肌が敏感に傾きやすくなっています。
春は、春風などの強い風にのって花粉などのアレルギー物質が散乱しやすい季節です。さらに、紫外線も強くなってきます。紫外線というと夏のイメージが強いかもしれませんが、実は春頃から除々に増加しています。
そんな肌状態と季節要因が混じり、春の肌環境は非常にゆらぎやすく、敏感状態に傾きやすくなっています。

スキンケアでは何を気をつければいい?

0010
 
春は敏感に傾いている状態なため、スキンケアには十分な注意が必要です。
まず注意をしたいのが洗顔です。
春は気温も上がり、汗をかきやすい時期になります。汗をそのままにしておくと、そこに含まれる塩分や尿素が刺激を与え、かゆみやヒリヒリとした痛みを発生させることがあります。洗顔をする時には、ぬるめの32度くらいのお湯で洗うようにしましょう。
さっぱりするからといって熱めのお湯で洗顔してしまうと、必要な皮脂まで落としてしまい、乾燥を招いてしまい、さらに肌荒れが悪化してしまう可能性があります。洗顔には特に気をつけて行いましょう。
そんな春先に起こりやすいゆらぎ肌にオススメなのが敏感肌専門ブランド ディセンシアつつむの「フェイスクリーム」ts01数ある「セラミド」の中でも保湿力の高い「ヒト型セラミド」をナノ化した「ヒト型ナノセラミド」を配合し、乱れた角層を徹底的に保湿。さらに、独自の特許技術「ヴァイタサイクルヴェール®」を採用し、花粉などのアレルギー物質やちり・ほこりなどを徹底ブロック!ゆらぎ肌を守りながら保湿をしてくれる優れものです!
春先に敏感に傾きやすい方はぜひ試してみてください。
 
ディセンシアつつむのトライアルセット情報はこちら>>

生活改善も必要!

 

0006
 
スキンケアも重要ですが、規則正しい生活を行うことも肌荒れ改善に必要になります。春は新しい環境が始まり、気づかないうちにストレスなどを蓄積しがちです。好きなことを探して、ストレスを減らしたり、バランスの良い食事をとるなど、内側からのケアも意識して行いましょう。
十分で良質な睡眠時間を確保し、春の季節を楽しみながら、肌荒れのケアをしていきましょう。

PAGE TOP

サイトマップ

運営者情報

敏感肌さん必見情報

Copyright ©医師監修の敏感肌化粧水ガイド, All Rights Reserved.