敏感肌スキンケア症状別解説!

小林暁子先生のイメージ

乾燥や皮脂の過剰分泌など人によって色々な症状が出る敏感肌ですが、基本的なスキンケアはどんな症状であっても変わりません。表皮の角層に水分を補給しつつ、肌本来のバリア機能を回復させてあげることが何より大切なのです。脂性肌の場合は保湿の必要がないと思い込んでいる方もいるようですが、皮脂膜は肌の水分が蒸発するのを防ぐために分泌されるもの。皮脂が大量に出るということは、内部が乾燥しかかっている証拠でもあるんです。脂性肌の場合は、まず保湿した上で、皮脂を出さなくても表面を保護できるようにクリームや乳液で人工的に油分をのせてあげることが大切なんですね。その上で、皮膚本来のバリアを復活させることや、ターンオーバーを正常化して美しく健康的な肌が作られるようにケアしていくようにしましょう。

乾燥性敏感肌症状撃退する
セラミド&ヒアルロン酸!

乾燥性敏感肌のイメージ

乾燥肌の方は、表皮の角層にある保湿成分セラミドが不足していることが多いです。ですから、セラミドを配合した化粧水を使って保水能力を高めてあげることが大切。同時に、水分を補給して閉じ込めることも必要なので、ヒアルロン酸など表面を覆ってくれる保湿成分を併用すると効果的でしょう。表皮の角層には常に15~20%の水分が含まれていないといけません。10%を切ると乾燥肌の症状が現れてきますので、日々の保湿ケアをしっかりと行って、角層に潤いを閉じ込めてあげましょう。年齢と共に肌の水分量は下がっていきますから、年齢肌を感じている方も潤い成分重視のスキンケアがオススメ!

乾燥性敏感肌のケア方法を見る

脂性肌症状改善するのは抗酸化物質!

脂性肌のイメージ

皮脂が大量に浮いてしまう脂性肌の方は、ついつい皮脂を落とそうとしてゴシゴシ洗顔をしてしまいがち。ですが、それは絶対にいけません!皮脂は本来、肌を保護するために必要な物質です。脂性肌だからといって油分を落としすぎると、身体は保護膜を張ろうとして余計に大量の皮脂を分泌するようになります。あぶらとり紙の頻繁な使用も同じくタブー。洗顔は優しく弱めに行い、肌が皮脂を出さなくても良いように乳液やクリームで表面にフタをしてあげることが大切。また、皮脂が酸化してしまうとニキビを引き起こすアクネ菌の増殖を招いてしまうので、抗酸化物質であるビタミンC誘導体を含む化粧水も良いでしょう。

脂性肌の改善ケア方法を見る

混合肌症状には
セラミド&ターンオーバー正常化!

混合肌のイメージ

皮脂腺が活発なTゾーンには皮脂が浮いているけれど、Uゾーンはカサカサに乾いている…そんな混合肌に悩んでいる女性が増えています。皮脂が浮いているからといって強引に皮脂を落とそうとするのは避けてください。乾燥肌でも脂性肌でも、肌は基本的に水分を求めています。しっかりと保湿して、上からフタをしてあげることが第一!肌本来のバリア機能を再生するためにセラミド配合の化粧水を用いるのも良い方法です。ターンオーバーを正常化して健康的な表皮に生まれ変わるように、22時~2時を睡眠にあてるなど基本的な生活習慣の見直しも有効。混合肌の場合は特定の部位について過剰に気にするよりも、生活習慣を含めた全般的なケアが有効です。

混合肌のケア方法を見る

アトピー症状抑えるには
バリア機能再生重要!

アトピー肌のイメージ

アトピー性皮膚炎にかかっている場合はまず、皮膚科を受診して医師の診察を受けることが重要。その上で、医師と相談しながら日頃のスキンケアを見直していきましょう!アトピーには環境要因や栄養要因など様々な原因がありますが、セラミドによる表皮バリアの機能が弱まっていることも一因です。ちょっとした外部刺激を跳ね返せるように、セラミドを補給してバリア機能を再生させましょう。同時にアトピーの発症原因となる刺激を遠ざけることも大切。ナイロンタオルの使用を控えたり、リノール酸を多く含んだ油っぽい食事を見直して、健康な肌を取り戻していきましょう。

アトピーによる乾燥肌改善ケアの詳細を見る

セラミドを補給して、アレルギーに負けない肌をつくる!

アレルギー肌のイメージ

少しの刺激でも接触性皮膚炎を起こしてしまうアレルギー体質の方は、肌のバリア機能が弱っていることが多いです。もちろん皮膚炎の症状がハッキリと出ている場合には医師の診察を受けるべきですが、若干の肌トラブルであれば保湿&セラミド補給で改善できる可能性があります。同時に、強力な洗浄剤を使用する時にはゴム手袋を着用したり、金属イオンでアレルギーを起こさないように水仕事や汗をかきそうな作業の前にはアクセサリーを外したりといった、日頃の心がけも大切です。自分のアレルゲンが何なのかを把握して、原因物質にうっかり触れてしまわないように気をつけましょう。

アレルギー肌改善の詳細を見る

小林メディカルクリニック
小林暁子先生

順天堂大学医学部を卒業された後、順天堂大学医学部付属病院で総合診療科、女性専門外来を担当されました。その後、医療法人社団 順幸会 小林メディカルクリニックを開院され、現在は同法人理事長でありクリニック院長。「2週間で腸が若返る!美腸ダイエット」「美しいを引き寄せる『副交感神経』の意識」など美容に関する著書も多数。

公式URL:
http://www.kobayashimed.com

小林暁子先生のイメージ

症状別に正しいスキンケアを紹介!乾燥肌、脂性肌、アレルギー肌など敏感肌にも色々な種類がありますが、基本的なケア方法は変わりません。医師も太鼓判をおす最強のケアで、みんながうらやむ美肌をゲットしましょう!

PAGE TOP

サイトマップ

運営者情報

敏感肌さん必見情報

Copyright ©医師監修の敏感肌化粧水ガイド, All Rights Reserved.