皮膚科医による敏感肌ケア講座

敏感肌の症状は、人によって違います。まずは自分がどのような敏感肌なのかを理解することが解決の第一歩です。
比較的分かりやすいのは先天的な敏感肌の場合。特定のアレルゲンに対して免疫系が過剰反応してしまい、抗体をつくって攻撃してしまうわけですね。身体が外部の物質と戦い始めると炎症を起こしてしまい、発赤やかゆみ、ひどい場合は発疹が出てしまうこともあります。あまりに症状が強い時には医療機関を受診して抗ヒスタミン剤、ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)などを処方してもらわないといけません。こういう方は、アレルギー肌やアトピー肌である可能性が高いでしょう。
アレルギー体質ではないという方は、肌が乾燥しているか脂が浮いているかで判断します。カサカサして冬場に症状が悪化する場合には乾燥肌、脂が浮いてニキビ、吹き出物に悩まされることが多いのであれば脂性肌の疑いが強いです。もし、部位によって乾燥しているところとべたついているところに分かれているなら、混合肌の可能性が高いでしょう。
状態に合ったケアをすれば、敏感肌を解消することは可能。判断がついたら、次に具体的なケア方法を見ていくことにしましょう。

敏感肌症状別ケア方法

細かい違いはあるんですが、どんなタイプの敏感肌であっても基本的な方向性は同じです。人の肌は水分を必要としているので“保湿の必要がまったくない”ということは考えられません。しっかりと保湿されていれば乾燥肌が改善するのはもちろん、脂性肌であっても状態が良くなることが多いんです。というのも、皮脂が過剰分泌されるのは“中の水分を逃がさないように”とお肌が保護膜を張ろうとするから。たっぷりと潤いを与えてあげれば、皮脂を分泌する必要がなくなるわけです。
そして、敏感肌の方は角層のバリア機能が弱っていますから、保湿した上でバリア機能の回復を目指さなくてはいけません。バリア機能の維持に役立っている「セラミド」という細胞間脂質を補給して、防御力を向上することが大切です。この2点については、どんなタイプの方であっても必ず当てはまるケアですから、まずは“保湿&セラミド補給”が敏感肌ケアの基本だと覚えてください。

敏感肌の症状

症状別ケア方法を見る

敏感肌改善裏ワザガイド

敏感肌の方に向けた保湿、ニキビケア、洗顔法、コスメ術について解説しています。何につけても重要なのは“角層のバリア機能を回復させる”という部分。その上で、例えば脂性肌でニキビに悩んでいるなら、皮脂の代謝を正常化するビタミンB群を摂取したりといった内側からのケアを取り入れるのがオススメ。悩みが大きければ大きいほど、効果を実感しやすい外側からのケアばかりに目が行きがちですが、生活習慣や食生活を改善する内側からのケアをおろそかにしてはいけません。ちなみに食事から特定の栄養素を摂取したい場合、サプリメントを用いても良いですが、ある程度はきちんと食事から摂れるように工夫するとなお良いですね。肌がターンオーバーして新しくなるまでには若い人でも28日かかります。すぐに効果が出なくても、コツコツ続けることが大切ですよ!

敏感肌用保湿対策の裏ワザ

敏感肌のケアで最も大切な保湿。ここではドクター推奨のお手入れ法を紹介します♪

敏感肌の正しい洗顔法ガイド

ゴシゴシ洗顔がNGって事は常識だけど顔拭き法まで注意してる人は少ないのでは!?

敏感肌のニキビ対策マニュアル

角層の乾燥による皮脂の異常分泌で起こる敏感肌ニキビ。その対策を解説します。

敏感肌を悪化させないお化粧のコツ

敏感肌でも、なるべくお肌に負担をかけずにメイクを楽しむ方法を探ってみました!

敏感肌改善の極意を見る

プラスα効果ある敏感肌お手入れ方法

敏感肌のケアだけでは満足できず「アンチエイジング化粧品を試してみたい!」「美白ケアで透明感のある肌を取り戻したい!」といった希望がある方もいらっしゃると思います。中には“敏感肌のケアが終わってからじゃないと…”なんていう意見もあるようですが、そんなことはありません。敏感肌対策とエイジングケアを同時に行ったり、敏感肌対策と美白を同時に行ったりする方法も存在しています。

敏感肌のエイジングケア虎の巻

コラーゲンを再生してくれる驚異の成分CVアルギネートに注目!敏感肌を改善しつつ、見た目年齢マイナス10歳を実現。

敏感肌向け美白ケアの極意

美白と敏感肌解消を同時に実現してくれる成分としてはコウキエキスが有望!医師も勧める奇跡の成分をご紹介します!

これって危険?化粧成分まつわる誤解

界面活性剤フリーの
落とし穴

世間では悪の権化みたいに思われている界面活性剤…。しかし世の中で言われているような毒性は持っていないんです。逆に界面活性剤フリーだから絶対安全というわけでもありません。知られざる真実を紹介!

鉱物油フリーに
潜むワナ

鉱物油が色素沈着を招くという噂が流れているせいか、最近では鉱物油フリーの化粧品も増えています。でもちょっと待って!皮膚科の治療に使っているワセリンも鉱物油です。本当にそんなに有害なんでしょうか?

パラベンフリーの
問題点

多くの化粧品に防腐剤として使われているパラベン。まるで有害物質のように嫌われており、パラベンフリーの製品も多く出ています。でも、実は天然由来の防腐剤や防腐剤無添加のほうが危険かもしれないんです!

化粧成分にまつわる誤解について詳しく見る

ケア方法に悩んでいる敏感肌の女性に向けて、皮膚科医を含む医師3名監修のもとに医学的にも正しいスキンケア方法を教えちゃいます。目指すはマイナス10歳肌!まわりがビックリするような美しい肌をゲットしましょう♪

PAGE TOP

サイトマップ

運営者情報

敏感肌さん必見情報

Copyright ©医師監修の敏感肌化粧水ガイド, All Rights Reserved.